ポルシェ911 GT3とは、もっともサーキットに近いシリーズ

スポンサードリンク



ポルシェ911 GT3とは1999年にデビューしたもので、もっともサーキットに近いシリーズといえます。

すぐれた機能が備わっているこのポルシェ911 GT3魅力は、とにかく走り、カーブ、ストップ…どれをとっても最高級であるということです。

また軽量であることも最大のポイントかと思います。とにかくポルシェ911 GT3はすべてがサーキットの塊で、魂そのものが入った車といえそうです。 というのもエンジンそのものからして“サーキット仕様”だからです。

実際ポルシェ911 GT3を体験した人いわく「常識を超えている」そうで、たまらない走りだったんだそう。
無知な人間にとっては良さがイマイチ分からないものですが好きな人にとってポルシェ911 GT3は非常に魅力的なのでしょう。


またポルシェ911 GT3は従来のモデルに2つの大きな特徴を追加しており、
その1つはパフォーマンス、2つはドライビングダイナミクスです。

ポルシェ911 GT3ではこの2つをさらに向上させ、先ほど「サーキット育ち」と説明したエンジン
自然吸気6気筒で従来よりも20psも向上。
その速度は0〜100km/hで加速タイム4.1秒、最高速度で312km/hに達するんだとか。

とにかくポルシェ911 GT3は従来のモデルとは比べモノにならないほど改良されており、
ダウンフォース
も従来のモデルに比べ2倍以上も増加してるんだそうです。

ちなみにこのポルシェ911 GT3モデルは同時にカイエンディーゼルも発表されており、
このカイエンディーゼルは豊富な特性と長距離ドライブに適したというメリットがある。
最高出力は240ps、最高速度は214km/hに達しておりパワフルでダイナミックなのが特徴です。


SPONSORED LINK



ポルシェ911 GT3で街中を走行するには少々不快に感じる人も

ポルシェ911 GT3は街中を走行するには少々ボディのピストンが激しいそうで、不快に感じる方もいるんだとか。
というのも低速で走るには非常に硬くなってしまうからでしょう。

サーキット生まれといわれるほどのエンジンですから、やはり低速で走るには少しデメリットがあるようですね。
とはいえ、その乗り心地の硬ささえクリアしてしまえば、街中でもスイスイ運転を楽しむことができるようです。

その辺はどう思うかは個人差がありますが、容認さえしてしまえばどんどん乗りたいと思える車だそうですよ。

もちろん最適なのは郊外に出てスピードを上げ走ることですが。
やはりポルシェ911 GT3はそういったために造られた車でもあるので、街中でゆっくり乗るよりも
ビュンビュンスピードを上げて乗るほうが一番適しているといえそうです。

しかし、どう感じるかはすべて乗車した人次第ですが、スピードを出し過ぎないように
安全運転を心がけないといけませんね。


スポンサードリンク